医療関係者の方へ

ドクターインタビュー 消化器内科

青柳 有司

消化器内科

内科系診療部長
消化器内科・科長

青柳 有司

診療所の先生と連携しながら
最先端の治療で地域医療に貢献します。

消化器全般を対象に専門的な治療まで実施

消化器内科では、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓などの消化器系臓器を対象に、食道、胃、大腸の早期癌に対する内視鏡的治療、出血性胃潰瘍、出血性十二指腸潰瘍への止血術、食道胃静脈瘤への止血術、摂食不能に対する胃瘻増設、総胆管結石および悪性腫瘍による閉塞性黄疸の内視鏡的治療、肝臓癌への肝動脈塞栓術やラジオ波治療、肝炎への薬物治療と、基本的な治療から専門的な治療まで行っています。
肝臓に関しては専門医を配置して、C型肝炎やB型肝炎、肝硬変などの治療に対応しています。最近では、C型肝炎の経口薬が登場し、インターフェロンに頼らない治療も可能になりました。私たちは、こうした新しい治療についても積極的に取り組んでいます。また、夜間の緊急内視鏡の処置にも対応しています。
消化器疾患の診断に必要な検査は多岐にわたりますが、当院では上部・下部消化管内視鏡検査やERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、腹部超音波検査などが可能です。

患者さんのご希望や社会性も考慮して治療を選択

治療にあたっては、患者さんのご希望や社会性も考慮して、最適な治療選択をするように努力しています。服薬による治療でも、副作用が起きることがありますので、患者さんに治療の選択肢を十分に説明して、患者さん自身がご納得した上で治療に臨んでいただいけるよう診療にあたっています。診療所の先生にご紹介いただいた患者さんの場合、こうした話し合いの結果もフィードバックしています。

診療所の先生からの紹介にはすぐに対応

私たちは、診療所の先生からの紹介は必ず引き受け、短時間で対応するという方針で治療にあたっていますので、消化管領域の疾患について何かあれば遠慮なくご紹介いただければと思います。すぐに診てもらえるということで患者さんにも好評をいただいています。しかし患者さんにとっては、専門の治療が済んだ後は、通い慣れている診療所の先生に診てもらうことが理想だと思います。そこで、慢性期になったら逆紹介して、その後も処置が必要な状況になった場合はこちらで診察するという形を採用しています。
地域医療連携では、診療所の先生と顔なじみになることが大切だと考えています。そこで、城北地区で行われる消化器関係の勉強会にはできるだけ参加しています。
先生方と連携しながら、患者さん一人一人に最適の治療を提供していくことが、地域医療への貢献につながると考えています。

ドクターインタビュー一覧へ
  • 地域連携センター
  • へき地・離島への医療支援事業
  • ドクターインタビュー

診療時間のご案内

平 日
午前  8:00〜11:30
午後  13:00〜16:00
(要予約)
土曜日
午前  8:00〜11:30
休診日
日・祝、年末年始

お問い合わせ

代表電話

予約センター

地域連携センター

健康管理センター

交通・アクセス

所在地
〒115-0053
東京都北区赤羽台4-17-56
アクセス
JR北赤羽駅 赤羽口より徒歩5分
JR赤羽駅 西口より徒歩15分
またはバス(国際興業バス)約5分
西口ロータリーからタクシーで約5分
駐車場
平地駐車場200台
    • 施設紹介
    • 地域連携センター
    • ハッピィマタニティライフ
    • 病棟保育
  • あおばね相談室

    あおばねくんTwitter

    facebook

    東京北医療センターのドクター紹介

    • 医師募集
    • 看護師募集
    • 初期研修医募集
    • 専修医(後期研修医)募集
    • コメディカル募集
    • 事務員等募集

    ページのトップへ戻る