医療関係者の方へ

ドクターインタビュー 整形外科

大武 修一郎

整形外科

副センター長
整形外科・科長

大武 修一郎

専門外来から一般整形まで幅広く対応します。

脊椎、関節リウマチ、膝関節などで専門性の高い治療を提供

整形外科では、外傷などの一般整形の治療を扱うとともに、脊椎外来、関節リウマチ外来、膝関節外来、股関節外来、肩関節外来の専門外来を設置し専門性の高い診療を行っています。私は脊椎と関節リウマチの診療を担当しており、膝関節は斎藤が担当しています。
私たちは患者さんが1日も早く通常の生活に復帰できるよう、早期退院を目指した治療を行っています。脊椎は腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症等に対する手術を積極的に行っています。膝関節では基本的には膝関節鏡手術や関節を温存する高位脛骨骨切り術(HTO手術)を行いますが、関節温存が難しい場合は人工膝関節置換術を検討します。関節リウマチでは、早期発見に努めるとともに、生物学的製剤に免疫抑制剤を併用する治療法を積極的に行っています。

手術適応、治療方針で迷った場合にはぜひ当院に相談を

例えば脊椎の疾患では、急激に足が動かなくなったり麻痺が起こったりと、症状が急変することがよくあります。足が痛み始めて短期間のうちに症状が悪化してしまい、患者さんはとても痛がっている。こうした症例では、保存的治療で痛みは軽減するのか、麻痺が進んで手術が必要になるのか判断が難しいところです。ご専門外の先生がこのように手術の適応に迷われた場合は、できるだけ早く私たちにご相談いただければと思います。手術をする必要がなければ、先生にいったんお返ししますが、当院でも経過観察します。手術になった場合でも、慢性期になれば可能な限り逆紹介いたします。
また、当院を受診されている患者さんで保存的治療が適応の場合、お近くで治療していただく方が患者さんの負担も少なくなりますので、診療所の先生方にご紹介したいと考えています。

診療所の先生や患者さんとの信頼関係構築を目指す

地域医療連携は、顔が見える、声が聞こえる関係の中で治療を進めることが大事だと思います。私たちは ”紹介元の先生が不安になる治療をしない” をモットーに日々診療にあたっています。逆紹介する場合でも必ず経過をお伝えするとともに、3カ月から半年ごとにこちらでも診察を行いフォローしていますので、安心してご紹介いただければと思います。また、信頼関係を構築する意味も込めて、診療所の先生方との勉強会もこれから積極的に企画していきます。
患者さんとの信頼関係も大切です。以前、私の親が病気になった時に、医療関係者とのやり取りで不安になったことがありました。こうした不安は患者さんご自身も感じていることだと思います。日ごろから自分の血縁を診察するような気持ちで接し、患者さんが抱く不安を少しでも払拭できるように心がけています。
今後も地域の診療所の先生方との連携をより深めて、患者さんにより良い医療を提供していきたいと思います。

斎藤 力

整形外科・医長

斎藤 力

ドクターインタビュー一覧へ
  • 地域連携センター
  • へき地・離島への医療支援事業
  • ドクターインタビュー

診療時間のご案内

平 日
午前  8:00〜11:30
午後  13:00〜16:00
(要予約)
土曜日
午前  8:00〜11:30
休診日
日・祝、年末年始

お問い合わせ

代表電話

予約センター

地域連携センター

健康管理センター

交通・アクセス

所在地
〒115-0053
東京都北区赤羽台4-17-56
アクセス
JR北赤羽駅 赤羽口より徒歩5分
JR赤羽駅 西口より徒歩15分
またはバス(国際興業バス)約5分
西口ロータリーからタクシーで約5分
駐車場
平地駐車場200台
    • 施設紹介
    • 地域連携センター
    • ハッピィマタニティライフ
    • 病棟保育
  • あおばね相談室

    あおばねくんTwitter

    facebook

    東京北医療センターのドクター紹介

    • 医師募集
    • 看護師募集
    • 初期研修医募集
    • 専修医(後期研修医)募集
    • コメディカル募集
    • 事務員等募集

    ページのトップへ戻る