ご利用者の声
10月ご出産 A様と旦那様

予定日を越えても前駆陣痛のようなこともなく、今までと変わりなく過ごしていました。予定日から3日後の夜中、破水(はじめは少量)とわかり、意外にも冷静に病院へ”破水しました”と連絡も取れました。その間と病院へついてからドバドバと出てくる破水には驚きました。(こんなに出るんだ)が、”病院へついたから”と安心感からか不安な気持ちはなかったです。

しかーし・・・・

ここからが大変でした。。。予定日を過ぎていること、破水していること、子宮口の開きがまだ小さいこと、前駆陣痛のようなものがないこと等が重なり、陣痛促進剤を打つことや、もしかしたら場合によっては帝王切開で早く赤ちゃんを生むかもしれないというお話があり、帝王切開は勝手に自分はないだろうとどこかで思っていたので正直急に不安になりました。病院へついてから促進剤の量を経過を見て増やしをくり返し、想像を絶する痛さに気を失うのではないかと思うほどの時間を過ごしました。

その間、助産師さんの「痛いね〜」「もうちょっと」とやさしい言葉がけとさすってくださる手や献身に、サポートしてくれる夫に感謝をしながらもなんとか耐えしのぎ、ようやく自然分娩ができる所まで行けて本当にうれしく、痛みも耐えたかいがありました!!出産中もたくさんの人が声をかけてくださり、この子のためにもうひとふんばり!!と思えました!!感動の瞬間をみんなで迎えられて本当に良かったです。ありがとうございました!!

何より初産で夫が立ち会えてよかったです。

(以下旦那様より)

今回、出産を立会いしてよかったです。感動と自分たちの子どもを産んでくれてママありがとうという感謝の気持ちでいっぱいになりました。

出産中は何が出来るのかわからず、手を握ったり、テニスボールで腰などを押したりとかしかできず、声を掛けてあげられたりできたら良かったのにとか今更になって思っています。医療説明に関してはさすがに病院だなと思いました。大事なことをしっかり専門知識がない自分でもわかりやすかったです。(仕事場で雑な説明を聞いている性だと思うが・・・)

自分たちの二人の大切な宝にします。

まだお世話になりますが、いろいろとありがとうございました。

  • ごあいさつ
  • お見舞いの方へ
  • ご利用者の声
  • よくある質問
  • マタニティセラピーのご案内
  • お問い合わせ
前の人へ 一覧へ 次の人へ

ページの先頭へ