人を知る


初期研修医
[2017年入職]

東京北医療センターを選んだ理由

どんな医師になりたいのか、漠然とした考えを明確にしてくれた病院でした。

初めて北医療センターを知ったのは大学5年生の時でした。母校のBSL実習で様々な専門科をローテしていくうちに、将来自分はどこで研修したらいいのだろうと考えるようになりました。
当時の私は具体的な自分の将来の医師像というものがなく、「雰囲気の良い病院で働きたい」といった漠然とした考えしかありませんでした。

インターネットを通じて自分にあった研修先の病院を探していた時、あるサイトに目が止まりました。そこは患者さんが自分が受診した病院について「どんな雰囲気だったか」「また行きたいと思えるか」と言った意見を自由に交換する口コミサイトで、その記事の中に東京北医療センターに受診した患者さんの意見がありました。
「北医療センターはスタッフが優しい」「エレベーターに椅子が設置してあって助かる」「病院が綺麗」などといった意見が多数寄せられていました。
病院のスタッフが優しいことは当然のことだと思いましたが、診療を受ける側の患者さんの目線で、気配りがされた病院であることが感じられました。書き込みを読むうちに病院全体が患者さんから愛されているのだということを知り、そのような「雰囲気の良い病院」で働きたいと思ったのが当センターを選んだきっかけです。

私は大学卒業後は地元に帰り、 将来的には総合診療科もしくは小児科医として地域医療に貢献したいと考えていました。そこで関東圏で総合診療や地域医療に力を入れた研修先を探していたところ、当センターの研修制度を知りました。
週に1回ハーフデイバックによる「業務時間でありながら座学による勉強会ができる」こと、なによりEBMに力を入れていることにとても魅力を感じました。自分がやっている医療行為にどれだけの効果が期待できるか、なぜその医療行為に至ったのかなど、EBMを学ぶことは将来の診療により自信がつくのではないかと考え当センターを研修先に選びました。

職場の研修体制や環境について

モチベーションを常に高く維持できる研修体制。

業務の時間帯でありながら、1日の午後をまるまる勉強会として学習時間を確保することができるシステム「ハーフデイバック」があることが大きな特徴です。
学生に求めるにはレベルが高いけれど、研修医ならばぜひとも知っておいてほしい「手技」や「医療知識」について上級医から直接講義を受けることが出来ます。
また、当センターでは地域医療にも力を入れており、「医師が自分一人しかいない状況」にあった時に、いかに最高の医療を提供できるか、自分で考えて最高のパフォーマンスを発揮できる医師を育てるのが当センターの教育理念になっています。

そして全ての事において研修で経験したことは、上級医や同期と「良かった点」「こうすれば良かった点」についてフィードバックをする機会があります。わざわざ「ダメだった点」「良くなかった点」と言わない所に当センターのありのままの姿が見て取れるのではないでしょうか。まさに褒めて伸ばす研修体制ですね。
他にも研修中に何か手技が入った時に、その場にいない研修医にも、上級医の先生方、スタッフの皆さま方が積極的に声をかけて下さり様々な経験をさせてくれます。どの専門の科をローテートしていても上級医の先生方は優しく、教えたがりなので、良い意味で沢山のおせっかいを味わうことができます。

将来像について

自分が地域の架け橋になりたい。

私が現時点で抱いている将来的な医師像は、地元へ戻りそこで開業医として働くことです。
私の地元である栃木県では小児科がとにかく少なく困っているという話しをよく聞きます。総合病院など中小規模の病院ではもちろん備わっていますが、まだまだ町医者は数少ないようです。しかも、その病院にかかるためには一度近くのかかりつけ医を通して紹介状を貰わないと受付けてくれない病院が多いのも事実です。
まだまだ先の未来の話にはなってしまいますが、将来的には自分が町医者として患者さんと接しながら、総合病院と患者さんとの架け橋となって最良の医療行為を行っていき、地元に貢献していきたいと考えています。

メッセージ

研修医は、学生時代の「机上の勉強」だけでは学べないことやイメージできないことを、医療を「実体験」していくことで、「暗記」ではなく「理解」して頭に入ってくるので、学生時代よりも勉強がとても楽しく感じます。だからこそ初期研修は研修体制がしっかりと整っているところで精一杯学ぶべきだと思っています。
私の大学時代の同期には、自分のやりたいことや将来の医師像がイメージできない、そもそも研修先の病院を探すのが億劫なので何処にも見学に行かず「とりあえず母校に残る」といった方が数多くいました。ですが、これだけは声を大にして言いたいと思います。それはとにかく勿体無い。その一言につきます。
今いる病院しか知らないと世界はそこだけになってしまうので、今目の前にあることが当たり前になりがちです。私が学生時代にBSL実習をした病院では、看護師さんや他の職員の方とは挨拶をかわすことがほとんどなく、医師とスタッフの間に「壁」があるように感じていましたが、それも当たり前のことだと思っていました。しかし当センターに見学で来た時は、廊下ですれ違う度にスタッフの皆さんが気持ち良く挨拶をして下さり、こんなことがあるのかと驚きました。「壁」があるのは当たり前じゃないと気づかされた瞬間でした。
私は母校に残ることが悪いこととは思いません。しかし、外の病院を一度見ておくことで、他の病院と比べた上で、改めて自分の大学の良さに気づくことができると思います。
研修先の病院を決める際に、どうしてその病院を選んだのか、その病院で何を学びたいのかを明確にしておくことで、その後の研修のモチベーションにも繋がると思います。
漠然とした目標しか無い、なんとなく自分の大学に残る、というのではなく、今一度 自分の進路について真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

※職名、経験年数及び設備名等はインタビュー当時のものです。

一覧へ戻る