人を知る


後期研修医
[2017年入職]

東京北医療センターを選んだ理由

対等に意見が飛び交う、目指すべき姿があると感じています。

元々私は総合診療を学びたいという思いで山形から東京に出てきまして、大規模病院ではなく当院のような中規模病院を探していました。
やはり大規模病院ですと、どうしても「病気」というものに重きをおいて診療を行う雰囲気が強い様に思います。
もちろんそれは大規模病院という特性上必要であり大事なことなのですが、当院の様な中規模病院ですと、患者さまの生活環境や考え方に一歩踏み込んだ診療することが必要で、更にそのことが強みだと思っています。

それを実践するために特に大事なことが多職種の協働、連携であると私は考えています。
就職先を探す上で数か所の病院見学をさせていただいたのですが、見学したときの雰囲気がとにかく良かったことを覚えています。他の病院では、仕事に忙殺されすぎていて殺伐としている雰囲気が強い病院もあったのですが、当院の場合はドクター同士も仲が良さそうにしてとてもいい印象でしたし、他の職種の方ともコミュニケーションが取りやすそうな雰囲気がありました。
実際に先輩ドクターに話を聞きましたが、普段の診療などでも看護師さんや薬剤師さんなど、コメディカルの方とも協力して話し合いながら診療していると聞き、実際に自分が抱いていた「怖い」というイメージの都会の病院像とは違っていい意味で裏切られましたね。(笑)

ー般的な大規模病院では医師が指示系統を持っていて全てを指示するといった環境が多い中、この病院は職員全てが同じ船に乗ってお互いに切現差琢磨しながら診療している姿を見学の時に目の当たりにし、とても気持ちがいい印象を受けました。

当院で働いてみた手応え

日を重ねる毎に実感する手応え。

私は3年目で後期研修医として入職しましたが、当院に来て初めて主治医の立場になり、やはり大変さとプレッシャーがとても大きいと思う反面、病状が回復され元気になっていく患者さまを見るとその思いも吹き飛びます。
当院はチームでの診療を行っているので自分が手一杯なときは他のドクターがサポートに入り、アドバイスも沢山してくれます。
他にも同じチームではないドクターでも気軽に声をかけてアドバイスをくれますし、上級医師が常に日々の診療の振り返りをしてくれる環境があります。
診療はもちろん、主治医としての書類作成など事務的な作業も多く苦労も大きいですが、日々やりがいを持って診療にのぞんでいます。

当院のドクターは自分だけが伸し上がっていってやろうという人が全くいません。個人的に作った資料なども共有して一人ひとりの経験やどんなに墜細なことであってもみんなで共有しようという雰囲気があります。
その中で、一人で孤立して取り残されることは決してありませんし、何より私たちはチームなので、チーム全体でお互いを高めていける環境がここにはあると感じています。

入職した当初よりは病院のことも分かるようになり、色々なシステムもわかってきました。これも周りの協力的なスタッフの皆様のおかげであると日々感じています。
まだまだ至らない点や迷うことも多々ありますが、入職時よりは診療能力や考え方に迷いがなくなり力がついてきたのではないかなと実感しています。

将来像について

理想の医師像を求めて、毎日奮闘しています。

どうしたら目の前の患者さま、そして家族が幸せになるのか、それを考えることを軸に診療にあたっています。
そのために患者さまとのより良い関係性を作ることが何よりも大事だと思っています。
良い関係を築けなければ、普段の生活環境やご家族のこと、患者さまの病気に対する考え方などを聞きだすことがなかなか出来ません。
どんな砦細なことでも気軽に話せる関係を築けるように普段から心がけていて、回診のときなどでは患者さまと目線を合わせ、リラックスしていただけるように話題作りなどには注意しています。
また、当院のような断らない診療をポリシーにしてこの先も努力を重ね、経験を積んでいきたいという思いはこの先も変わらないと思います。
将来はその思いや経験を活かして、地元の山形で総合診療を実践、教育できる場をゼロから作っていきたいと考えています。私の地元ではまだまだ総合診療が発達しておらず、総合診療医として掲げている先生も少ない状況です。
地元でリーダーシップを取り地域医療に貢献していきたいという思いはありますが、そのためにはまだまだ経験が不足しています。
その目標にー歩でも近づくことができるよう日々奮闘しながら診療を行う毎日です。

メッセージ

患者さまが幸せになること、その大前提は診療する立場の人たちが幸せであることだと考えています。
それは、日々の業務に忙殺され自分の時間を作れない、というような状況では実現し得ないと思います。
ただそれは、暇であるということではなく、適度な忙しさで心にゆとりをもって診療にあたることが必要です。
そのことを実践するために必要な環境、施設、そしてあたたかい人柄のたくさんの職員が、この東京北医療センターで働いています。
職種間や診療科同士の垣根がない働きやすい環境で是非一緒に働きましょう。
皆さんお待ちしています。(特に総合診療に興味がある方の見学をお待ちしています(笑))

※職名、経験年数及び設備名等はインタビュー当時のものです。

一覧へ戻る