東京北医療センター 看護部

03-5963-3311

03-5693-3311

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

血液内科病棟師長 Y.Y

看護師長として5年が経ちました。この5年間で2回の出産を経験し、現在は2017年4月に開棟した血液内科病棟の看護師長として病棟も自分自身も成長すべく奮闘しています。ゼロからのスタートでしたので、スタッフ全員が学ぶ姿勢を持って、それぞれの経験値と看護の視点から、より良い病棟づくりを目指して意見を出し合い、患者さんに向き合い、試行錯誤している姿に、感心している日々です。医師との距離が近く、頻回なカンファレンスや勉強会を開催したり、時には親睦会をしたり、病棟全体が同じ方向に進んでいます。

私は、米国ペンシルバニア州フィラデルフィアへ10日間の海外看護研修にも参加しました。米国の医療保険制度や看護師教育、勤務体制などを知ることで、私が看護管理者としてこの病院でやるべきことや、またこの先の看護師人生でやりたいことは何か、見つめ直す良い機会となりました。また、10日間を共に過ごした地域医療振興協会の他施設の仲間との交流はとても刺激になりました。人との出会いは財産です。

毎日がとても充実しており、ワーク・ライフ・バランスを保持できているのは、家族の支えはもちろんのこと、温かな看護部、職員専用の24時間保育園、病児・病後児保育室、看護休暇など様々なサポートが整っているからです。私は職員採用面接の面接官を行うことがありますが、若いスタッフでも当院の志望動機の一つに、将来を見据えたライフイベントへのサポート体制が充実していることを挙げています。
内閣府は、仕事と生活の調和憲章として「やりがいや充実感を感じながら仕事上の責任を果たす一方で、子育てや家庭・地域・自己啓発等個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう社会全体で調和の実現を希求していかなければならない」と掲げています。仕事と生活、どちらも諦めずに看護師としてのキャリアアップができる環境がここには整っています。是非一度見学してみませんか。 

内科病棟看護師 C.S

現在、私は脳外科・総合診療内科等の混合病棟で働いています。
入職当初は、毎日緊張しながら病院まで行き1つ1つの業務を覚える事や家に帰ってからの勉強などに精一杯で、患者さんが望む“看護”を提供する事が出来ていなかったと思います。また、私は実家が北海道で社会人になると同時に上京し現在一人暮らしをしています。社会人になり仕事や生活面で初めてのことが多く、最初は疲れたなどと思う事も少なくありませんでした。
しかし、今では生活に余裕ができ、自分1人でできる事が増え日勤業務・夜勤業務に慣れ、患者さんやご家族などの思いに耳を傾けることできるようになってきました。  

思いに耳を傾けた内容を援助に移すことができるようになり、入職当初よりも“看護”をしていると実感が湧いてきました。そして、患者さんから感謝の言葉を言って頂けたり笑顔が見られたりすることがとても嬉しく、やってよかったと大きな達成感を得ることが出来るようになってきました。

私はまだ看護師2年目でわからないことや悩んだりすることがたくさんありますが、同期と休日に遊んだり、悩んでいることを相談したりすることで支えあって働いています。
私が働いている病棟はとても忙しいですが、その分学べることの多い病棟であるため、これからも多くのことを学び成長し、自分の理想の看護師像に近づけるように日々の業務を行っていこうと思います。

小児科病棟看護師 H.T

わたしは現在、小児病棟で働いています。幼い頃から子どもが好きで、子どもに携わる仕事がしたいと思い小児科を希望しました。
看護師として働き始めて1年がたちました。入職したての1年前は、新しいことを教わり、日々の学習や業務をこなすことに精一杯で、毎日緊張していました。しかし、徐々に自立してできることが増え、業務としてではなく患者さんひとりひとりに合わせた看護を考えることができるようになりました。そして、入院してきたときはずっと泣いていたりぐったりしていた子どもたちが、日に日に元気になり、笑顔で退院していく姿をみるとやりがいを感じ、また頑張ろうと思うことができます。

小児病棟には、0歳から15歳までの子どもが入院しています。入院している子どもの疾患は、気管支喘息、肺炎、川崎病など様々です。また、耳鼻科や外科の手術を受ける子どももいます。幅広い知識が必要であるため、疾患の学習や理解が足りず、看護につなげることが難しいと感じることがあります。そんなときは、プリセプターをはじめとした先輩方が学習のサポートや、相談にのってくださいました。また一緒に頑張ってきた同期に支えられ、少しずつですが知識や技術が身についてきたと思います。

急性期の病棟で日々忙しく、まだ未熟で分からないことはありますが、これからもたくさんのことを学んでいきたいです。そして、患者さんのことを1番に考え、患者さんとの時間を大切にできる看護師に成長したいと思います。

手術室看護師 S.K

手術室看護師には、手術中主な役割が二つあります。一つは手術室内で医師の近くでメスや鉗子などの器具を渡す「器械出し」と呼ばれる役割、もう一つは手術中の患者様に対し、看護計画を立案し実践する「外回り」と呼ばれる役割です。また、手術室看護師の仕事は、手術中だけではありません。患者様の術前訪問を行い、手術中計画している看護に問題はないかをチェックすることも大切な仕事です。術後訪問も行っており、直接患者様の「声」をきくことにより、術中看護の評価を明らかにする事も出来、自分のモチベーション維持にも繋がっています。このように、私達は常に患者様を中心に考え安全・安楽に手術を遂行出来るよう日々努力しています。

手術室で働く場合、病棟業務にはないメリットがあります。それは、人体の解剖生理を実際に見る事が出来る点です。写真や模型で見るのと、実際に手術中に見るのでは、理解度が全く違います。解剖生理の理解を深めることは、看護師をしていく上で重要なことだと思います。勿論、手術室勤務では得られないスキルもありますが、逆に手術室だからこそ得られるスキルも沢山あると思います。ここでの経験やスキルは、今後の看護師人生に役に立つと確信しています。

教育に関しては私を始め、たくさんの先輩方がサポートしています。知識に関しては学習し、技術に関しては先輩方から盗んでいきましょう。やる気がある限り、私たちも全力で指導していきます。共に悩み、共に成長していきましょう。
興味のある方は見学だけでもしてみてはいかがでしょうか?

手術室看護師 S.S

入職してから病棟、救急外来を経て4月から手術室に配属になりました。今まで救急外来で勤務していたので緊急手術が必要な患者様の対応をしていましたが、手術室での勤務経験は全くなかったのでかなり不安がありました。手術室では様々な科の手術を行うため解剖生理や疾患の理解はもちろん、各科によって使用する器械が違うので日々勉強です。

手術室は予定の手術から緊急手術も多くかなり大変な現場ですが、先輩方からの指導のおかげで毎日少しずつですが術式の理解をはじめ手術室の業務や看護が身についてきていると思います。
手術室の看護師は一般病棟に比べて経験できない手技や知識を得られます。病棟で働かないと得られない経験もありますが、解剖生理や術式を理解するスペシャリストになれると思います。私自身、当初は手術室に対して怖いイメージがありました。しかし、先輩方は優しく、チームワークを大切にされる方ばかりです。

幅広い知識や看護技術が必要になりますが、看護師として成長させてもらえる場所だと思います。
私たちと一緒に東京北医療センターで働ける方をお待ちしています。