診療科・部門紹介

循環器内科のご案内

心不全、急性心筋梗塞や狭心症、不整脈、その他心臓血管疾患全般について対応可能です。
狭心症(労作で胸が苦しくなる。)に対する冠動脈形成術 (風船治療、ステントなど)、頻脈性不整脈(動悸発作)に対するカテーテルによる心筋焼灼術、徐脈性不整脈(脈が遅くなり息切れ、失神などを起こす。)に 対する永久ペースメーカー植え込み術などの高度専門医療に対処しております。
外科手術(冠動脈バイパス手術、弁置換術、その他。)が必要になる場合は、手術成績の良い病院にご紹介いたします。
この他下肢閉塞性動脈硬化症や腎動脈狭窄症など、心臓以外の末梢動脈硬化性疾患につきましても、積極的に診断・治療を行っております。
また近隣の医療機関向けに、FAXによる心電図迅速診断サービスを行っております。ご相談頂いた心電図について、当院の循環器専門医が電話で、リアルタイムに判読結果をご連絡するサービスです。詳しくは医療連携室までご相談下さい。

 

当科の特長

【閉塞性動脈硬化症について】

「人間は血管とともに老います。」
動脈硬化症は加齢とともに進行する全身性疾患です。心臓の血管(冠動脈)が動脈硬化に侵されれば「狭心症」や「心筋梗塞」の原因となりますし、頸部や頭蓋内の血管の動脈硬化が進行すれば、「一過性脳虚血発作」や「脳血栓症」の原因となります。

このほか、下肢動脈に高度の動脈硬化がある場合、歩行時の足の痛みや、おしりの筋肉の痛み、あるいは血流障害による組織の壊死などが生じることがあります。これらを総称して「閉塞性動脈硬化症」とよびます。近年注目されている病気ですが、まだまだ十分に認知されているとはいえない病気です。
当科では「閉塞性動脈硬化症」の診断や治療(薬物治療とカテーテル治療)について、積極的に取り組んでいます。喫煙やメタボリックシンドロームなど、動脈硬化危険因子を複数かかえている方で、下記のような症状がある方は一度ご相談下さい。

1. 坂道や階段を上っていると、途中で下肢の筋肉やお尻の筋肉が痛くなる。
2. 歩行を中止して休んでいると症状が回復する。
3. いつも足の色が悪く、皮膚が冷たい。また足の痛みが続いている。

当科外来では、血管の「動脈硬化年齢」を知るために、CAVI(心臓足首血管指数)ABI(足関節上腕血圧比)等を測定することが出来ます。これにより閉塞性動脈硬化症のスクリーニングは簡単に行うことが出来ます。
また同時にCAVIによる「血管年齢」から、冠動脈疾患や脳血管障害のリスクを推測することが可能ですので、動脈硬化危険因子の改善の指標として有効であると考えられています。

【薬剤溶出冠動脈ステントの適応について】

2004年以降日本でも「薬剤溶出冠動脈ステント」が保険償還され、広く使用されています。
2007年7月現在、日本国内では2種類の「薬剤溶出冠動脈ステント」が承認されており、保険診療において使用可能です。いずれも従来からある「冠動脈ステント」に、ポリマー加工を施し、その中にステントの「再狭窄」を予防する薬剤を封入した構造となっています。

「薬剤溶出冠動脈ステント」は従来のステントに比較すると、再狭窄率(=病変部 位が再び狭くなってしまう現象が起こる確率)が圧倒的に低く、良好な長期成績を得ることが知られています。
一方で、従来のステントに比較すると、「遅発性 ステント血栓症」がごく僅かながら増加するというマイナスの側面も明らかになりつつあります。
したがって、アスピリン(商品名;バイアスピリン、バファリ ン81など)や塩酸チクロピジン(商品名;パナルジン、ニチステート、パチュナ、など)を、より長期間にわたって内服する必要があり、頻度としては非常に 低率ではありますが、これらの薬剤による副作用や出血合併症の危険も懸念されます。

当科では狭窄病変の形態にとどまらず、患者さんの 全身状態や合併症の有無などを十分に考慮したうえで、これらのステントを使い分けています。
原則的に「薬剤溶出冠動脈ステント」を使用することを、標準的治療としておりますが、これらのステントの選択に関して、不安がある患者さん、希望がある患者さんは、遠慮なく担当医へ申し出てください。担当医より十分なご説明を行い、より安全でかつ長期成績が良い治療方針をご提案し、決定させて頂きます。

【64列マルチスライスCTによる冠動脈造影CTを開始します】

2007年10月より、当院でも64列マルチスライスCTが稼動しました。従来の4列CTよりもさらに「空間分解能」「時間分解能」が向上します。
その結果、特に心臓とともに拍動している「冠動脈」の、CTによる非侵襲的画像診断が可能となります。これまで「冠動脈の精査は受けたいが、カテーテル検査が嫌 だ、あるいは合併症が怖い」とお考えだった方にも朗報です。

2.5mmのステントの開存状態を描写、ステント内内膜増殖描出、プラークの性状解析、さらに心機能解析、Adamkiewicz動脈描出も可能になります。(※ただし撮影条件による影響があります。)

ただし、これまでどおりに「造影剤」を使用しますし、冠動脈造影と同程度か若干多い線量の「医療被曝」の問題があります。適応や限界などにつきましては、どうぞお気軽に循環器科でご相談下さい。

認定施設

日本循環器専門医研修施設
日本内科学会認定教育施設

診療科トップへ

循環器内科のご案内

診療時間のご案内

平 日
午前  8:00〜11:30
午後  13:00〜16:00
(要予約)
土曜日
午前  8:00〜11:30
休診日
日・祝、年末年始

お問い合わせ

代表電話

予約センター

地域連携センター

健康管理センター

交通・アクセス

所在地
〒115-0053
東京都北区赤羽台4-17-56
アクセス
JR北赤羽駅 赤羽口より徒歩5分
JR赤羽駅 西口より徒歩15分
またはバス(国際興業バス)約5分
西口ロータリーからタクシーで約5分
駐車場
平地駐車場200台
    • 施設紹介
    • 地域連携センター
    • ハッピィマタニティライフ
    • 病棟保育
  • あおばね相談室

    あおばねくんTwitter

    facebook

    東京北医療センターのドクター紹介

    • 医師募集
    • 看護師募集
    • 初期研修医募集
    • 専修医(後期研修医)募集
    • コメディカル募集
    • 事務員等募集

    ページのトップへ戻る